ペーパーバックの数が増えていく TEXT+PHOTO by 片岡義男

52 一九七十年の地下雑誌

b0071709_2155329.jpg

 ペーパーバックというかたちでの、雑誌の試みだ。タイトルは『カウントダウン』という。そして副題は「サブタレニアン・マガジン」だ。一九七十年の二月に『1』が出版され、おなじ年の四月と六月に、それぞれ『2』と『3』が出版された。一年に五冊が刊行される、という予定だったそうだが、僕はこの三冊までしか持っていない。三号雑誌に終わったのではないか。
 サブタレニアンとは、地下の、地中の、隠れた、といった意味だ。内容は当時の流行だったアンダグラウンドそのものだが、そうは言わずにサブタレニアンと呼んだ。そしてカウントダウンとは、これも当時の流行だったレヴォリューションの日が来るまでの、それをめざしての思考や行動の日々の、一日また一日の積み重ねのことだろう。
 一九六十年代後半のアメリカで、アンダグラウンド・プレスが各地に生まれた。プレスとは主として新聞という形態を意味した。もっとも作りやすかったからだろう。編集から製作まで新聞社としての機能を整え、新聞と呼ぶに足る内容とかたちを持ち、かなりの部数を販売して利益すら出していたところもあった。だが多くのアンダグラウンド・プレスでは、人も組織もあってなきがごときで、前の号に続いて遅ればせながら次の号をなんとか出す、という状態だった。
 しかしそれゆえに、既成のエスタブリッシュメント(これも当時の流行語だ)からの出版物にはとうていあり得ない、さまざまな魅力が満ちてもいた。主として西海岸で、いくつものアンダグラウンド・プレスを、僕は取材してまわったことがある。古いスクールバスを手に入れて座席の多くを取り払い、その内部を編集部にしてそこに寝泊まりしながら、ピッピーを絵に描いたような人たちが刊行していた『オルフィアス』というアンダグラウンド新聞があった。その新聞に掲載される予定の文章を書き、原稿をいつも持ち歩いているのだが、編集部のバスがいまどこにいるのかわからなくて困っている、と案内役の友人が言っていた。
 一九六十年代後半のアンダグラウンド・プレスから採録した記事、そして当時のアンダグラウンドの書き手に依頼した文章に、イラストレーションや写真を添えて、少なくとも三号までは成立したのが、ここにある『カウントダウン』だ。四十年近い時間が経過したあとであるいま、三冊をとおして読むと、アンダグラウンド・プレスを支えた当時の青年たちがどんなことを考えていたのか、きわめて軽便に知ることが出来る。
 農地に対して使用すると効果絶大である除草剤が開発されたことによって、農地の雑草取りという底辺労働からすら追い払われて失業した黒人たちを、社会の変貌が次々に作り出していく底辺層としてとらえた論考があったりする。いまの日本も変貌を重ねている。これまでは存在しなかったような底辺層が、確実に発生している。社会が見せる新たな様相は、新たなる底辺層の出現なのだ。
[PR]
by yoshio-kataoka | 2007-01-05 21:06





Profile
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ページの上へ